【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

ドミノ倒しと言うなかれ

ホンダのF1撤退に続き、WRCからスズキ、スバルの撤退が発表された。

とくにホンダ、スバルは、別のカテゴリーとはいえ第一戦で活躍を続けてきた。
(両社とも近年は不調だったが...)
この「レース」というイメージの強いメーカーの撤退。
モータースポーツ界全体の今後を危ぶむ声も当然出てくるだろう。

確かに、モータースポーツを支えるべき大手メーカーの急激な撤退は、
その業界全体に大きな影響を与えると考えれば、ある種の無責任感があることは否めない。

思うに、きっとフェラーリは撤退しない。彼等のイメージは「レース屋」だ。
レース屋の作っている市販車が、街で見るフェラーリだというのが自分の認識。
だからこそ、堅牢さとは別の魅力がそこにはあり、法外な付加価値もつく。

しかし、これら撤退を発表した日本の自動車メーカーは、果たして「レース屋」か。
「レース」という“イメージ”を戦略として広告に使っていたのは間違いない。
が、ベースはあくまで自動車を製造し、販売するメーカーではないか。
彼等の本分は、安心して、壊れずに使える堅牢な車を、
世界に向けて、たくさん産み出す(販売する)ことなのではないか。


一般的にプロスポーツは、金額の大小はあれど運営には大きなお金が必要となる。
それを、観客動員やグッズ販売などの収益だけでまかなえるはずもなく、
企業スポンサー、つまり世界の経済状況に依存している部分は大きくあるだろう。
が、しかし、各企業の参加の可否というごく狭い判断だけで、
業界全体の枠が揺らぐようなプロスポーツのカテゴリーとは、いったい何なんだろうか。

世界金融危機、参戦費用の高騰、はたまた政治的駆け引き、その他云々...
原因を当てはめれば、いくらでも腑に落ちるかもしれない。
しかし、どどのつまりは、このカテゴリーに魅力が無いのではないか。
と思ってしまう。

正直、個人的には最近のモータースポーツはあまり面白くない。
好きではあるが、イマイチ、ファンタジーを感じない。
モータースポーツは「スポーツたり得ない」、とは言わないが、
「たり得ない」方向に進んでいるような気はする。

であれば、よっぽど「エア・レース」の方が見てみたいと思うのは、
いささか自虐的過ぎだろうか。

b0054498_1831118.jpg
[PR]
by whitekuma | 2008-12-17 18:43