【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

戒めデー

寒空の晴天の中、キャッチボールにノック、打ちっぱなしと体を動かしまくり、
シメは友人宅の旦那さん特性坦々胡麻鍋で完封だった休日を気持ちよく過ごし、
今日は、産まれて初めてまともなプレゼントを両親に贈ることに。
プレゼントの名は、その名も「任天堂Wii+Wii Fit with 諸々」。
親父のゴルフ友達との会話から出てきたこのアイデア。
ま、たまには夫婦で楽しく体を動かしつつゲームでも、などと思い、
賞与でプレゼントするつもりだったが、フッと気がつけば今日は、そう、ナントカの日。
朝そのことに気が付き、メールで友人へのリサーチに明け暮れる。
最近のゲーム機器に対する自分の情報の希薄さに、己のジジイ化を感じつつ、
買うものの選定もほぼ固まりつつあった昼過ぎ。
中学時代の友人のお父さんが亡くなったとの報が届く。
そして、諸々のお手伝いを快諾したまでは良かったのだが...

その後、迷路のようなミーティングで脳みそが加熱したまま、
退社後、「ナントカの日」真っ盛りの家電量販店へ。
「不況」というドロドロとした脅し文句は何処へやら、
レジへの長蛇の列に辟易しつつ、上記ブツをゲットして帰宅。
素直に少しは喜べばイイものを、照れくささも手伝ってか、
「使い方が分からん」などと憎まれ口を叩くカワイらしい両親に、
頬を痙攣させながら、「まま、今日明日で無くなるわけじゃなし、ゆっくりやってよ」
と、自分を含めてなだめすかした後、中学時代の別の友人に連絡。
すると、“お手伝い”という簡単な言葉の元に、結構な役を仰せつかったことに、
今更ながら...イヤ、気がついていながら、忙しさに…忙しそうにしてかまけてた。
お悔やみの言葉もろくすっぽ出てこないこの三十路の馬鹿たれを、
ちゃんと分かってて段取り進めるあんたには救われたが、
「ナントカなる」という、場の空気も考えない自分の楽天性…
というより、その“いい加減さ”に、ほとほと呆れた次第。

昨日の抜けた休日
今日のミーティングでの脳みそ加熱迷宮化
そして、役回りの準備を怠る愚かさ
全て、己の慢心に対する戒めと心得よ

はぁ~ん?おめぇー何モンだ?何を成し得た?偉そうに。
オメーなんて、成長から取り残された大人の出来損ないだと痛感したらいい。
「おごり」から抜け出すその小さなきっかけを見逃すな。
いくつかあったはずだゾ。偉そうに。

だから、だから、日々勉強&成長。
チャレンジして望むその姿勢、気持ちの姿勢を忘れるな。

という、大変有意義な、『ナントカイブ』になったのでした。

b0054498_1273868.jpg

23日祝日 鶴見川の河川敷にて 近隣の夕飯準備の香りに包まれながら
[PR]
by whitekuma | 2008-12-25 01:29