人気ブログランキング |

【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

人間の不思議...

b0054498_13223114.jpg
そー言えば、日曜日に爺さんを見舞った時のこと。
前日夜中に大暴れした爺さんは、鎮静剤を投与されて
昼間だというのに、ボケボケ状態...。
本当に“ぼけ”ちゃったんじゃないかと疑う程...。
だからと言って、そのまま寝かせておくと、
また夜中に暴れる羽目になりそうなので、無理やり起こす。
かといって、何もやらせることが無い...。
で、ふっと思いついて絵を描かせてみた。
昔は爺さんも、絵描きまがいのことをしていたのを思い出した。
聴力ゼロの爺さんのための、筆談用の紙はある。
鉛筆があればよかったのだが、あいにくサインペンしかない。
仕方が無いので、サインペンと紙を渡す。
丁度病室の窓から、綺麗な夕焼けと富士山が見えた。
「あの富士山、絵に描いてよ」と、紙に書く。
嫌がるかと思いきや。描き始めた。
まともな絵の体裁は無い。ミミズの羅列だ。
が、描き始めた。
すぐに投げ出すかと思ったが、正味10分ぐらいは描いていた。
その時の富士山を見る眼。とても良い目をしていた。
さっきまでのボケボケの、
まぶたを無理やりこじ開けても起きない人の目とは思えない...
物を観察する、絵描きの目。
結局10分後には、痛い痛い文句を言いながら、また寝てしまったし、
翌日の夜中も案の定暴れたらしいが...
あの眼差しは、僕の目にも焼きついている。
by whitekuma | 2004-12-07 14:00