人気ブログランキング |

【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

鈴鹿...

今年もF1日本グランプリの季節がやってきた。
ここ5年、鈴鹿詣でをやってきたが、なぜか今年はテンション低め...
行かないかもなぁ~等と思っていたが...

なぜ「鈴鹿」に行くのか。
日本グランプリ観戦...というよりは、「鈴鹿に行く」というイメージの方が強い。
佐藤琢磨という日本人ドライバーがいるから見に行くわけでは無い。
確かに、日本人ドライバーはいた方が応援もしやすいし、
感情移入もしやすい。ま、単純に面白い。

が、鈴鹿詣でを行う理由は他にある。
初めて鈴鹿のF1日本グランプリに行った時に、かなり遠くから見たパドック裏。
スペシャリスト、本物が集まる場所。
ドライバーが、夢をかなえた世界でたった20人の稀有な存在なら、
彼らメカニック、関連スタッフも、また夢のど真ん中にいる存在。
多分彼らは、ある部品、または一本のネジについて、世界で一番詳しい...
などという人々が集まっているのだろう。
そして、“鈴鹿”という場所はHONDAというメーカーのお膝元。
毎年、「鈴鹿スペシャル」というスペックのエンジンを投入する。
技術というよりは、「思い」だろう。地元で勝つ!というHONDA技術者の思い。
そして、古くはセナのように、そこでひとつになるドライバーの思い。

俺は「HONDA」というメーカーが好きだ。
本田宗一郎の自伝、関連書籍はほとんど読んだ。
尊敬する人の第一位だ。が、その後、物づくりというものに情熱を注ぐ、
HONDAというメーカーがもっと好きらしい。
自分の今の仕事のあり方を考えるとき、
その辺りの考え方が大きく作用していると、改めて思う。
個々の思いを、情熱をもって、仕事、会社を進めていく。
それが無かったら、やる意味がない。
雇われているだけだ、と思うなら、俺は一緒に仕事はしない。

と、まぁ話は脱線したが、
そんな場所を見るのが好きなのだ。
そして、唯一無二の車、世界一のエンジン音を体感できる。

そう。鈴鹿はそういう場所。夢のかけらが散らばってる場所。
そう...いざ!鈴鹿へ!

b0054498_1246715.jpg
by whitekuma | 2005-09-28 12:49