【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桜咲く

b0054498_115313.jpg
b0054498_1155511.jpg
b0054498_11693.jpg
今年も桜の季節になりました。
今年は珍しくまともな花見宴会もやったし、
昼、夜と花をめでての散歩もできたので、桜満喫。

はてさて、仕事の方も「桜咲く」となりますかどうか?

叩いてもらった「尻」は数知れず…(そんな言い方って…;)
後は、自分から動き出し、そう、創っていくしかないんだよね。

分かってるよ。
常に、その時その時が、「あの時期」になり得ることは。
だから、一日一日、一分一秒を大切に使わなきゃ、
と、できてないからこそ再び強く思うのでした。

b0054498_1191541.jpg
↑最近のヒット!「はまぐりの玄米茶漬け(柚子胡椒添え)」
[PR]
by whitekuma | 2008-03-31 01:25

週報

色々あったけど、またしても久々の日記。

火曜日
40数歳のK.N先輩に、ちょいと相談。
新宿で飲みながら。
やっぱ、先輩に相談して良かった。
自分の思いついた方向性が悪くない、と、認識。
また、具体化してご相談させてもらいます。
b0054498_23455814.jpg


水曜日
いつも山口ツーリング(?)でお世話になっております、
我らがN家の奥様が、待望のご懐妊。
で、ご実家に戻られてるとのことで、皆で訪問。
いやぁ~、ほぼベストメンバー勢ぞろい。
15年も続くそのメンバーに、ついに子供が…
なんだか、子供も居ないのに、孫が生まれる心境。
今度は、是非N家ご一家が揃ったところでお邪魔したい。
素敵な仲間と、素敵なお家、おじさん、おばさん、あとワンコにも感謝。
今はただ、無事に元気な赤ちゃんが産まれることを祈るのみ。
b0054498_2340877.jpg
[PR]
by whitekuma | 2008-03-24 02:31

ついつい一週間ぶり…

b0054498_2304428.jpg

ナンダカンダと人生山あり谷ありですが、
実は書きたいことは沢山あり…


<F1GP開幕!>

ついに開幕したF1GP 2008シリーズ。
今年はなんと言っても、電子デバイスの禁止がデカイ。
久しぶりのTCS(トラクションコントロール)無しのF1。
あのバラバラバラ…という不快な音がしないだけでなく、
久しぶりに“車”な挙動が見られる。
スタートの上手い下手も、もろに出るし、
「ドリフト!」とまではいかなくても、
ドライバーのコントロール力が見れる。
今回のライコネンのスピンにしても、
TCSが効いている時に起きたかどうか…
そういう意味では、ハプニング性が増えており、
大変楽しみが増えた。

まぁ~中嶋一貴君に関しては、
経歴と援助しているメーカーが嫌いなので、本当は応援したくないけど、
やっぱ中嶋悟のご子息となると、応援せざるを得ない。
とは言え、やはり、まだまだパフォーマンス不足な感は否めない。
レース中のラップタイム自己ベストで、
チームメイトのニコ・ロズベルグから1.5秒落ちだそうな…
初戦とはいえ…3位表彰台のニコとはいえ…1.5秒はちょっと…
後は、是非、“華”を身に付けて欲しい。
その点、佐藤琢磨には、F1ドライバーとしての“華”はあると思うのだが…

近い将来、HondaとTOYOTAの正ドライバーとして、
この二人がトップ争いをするようになったら、
スッゲー楽しいなぁ~などと…


<消え行く情緒…>

なんだか騒ぎ過ぎな感もあったけど、
東京-大阪間の夜行寝台急行『銀河』が廃止された。
2~3年前に一度乗ったことがあるこの列車。
大阪出張の折、ワザワザ新幹線の終電に間に合わなかったことにして、
チケットを買いなおして乗車した『銀河』。
普通のB寝台のみの車両は、なんだかとっても懐かしかった。
向かいのベットに乗車しているおじさんが、
その日が最終版の「釣り新聞」の版下を、
沼津の印刷所に持ち込むのだそうで、乗り込んでおられた。
普段は車で行くそうなのだが、
あがりが遅くなったりすると、寝てられる寝台列車を使うそうな。
「高速代云々考えれば、まぁ…」と言っていたおじさん。
大して長話はしなかったけど、不思議なめぐり合わせがある列車旅が、
ちょっと楽しかったのを覚えている。

そんな、情緒タップリの寝台列車が激減しているのは、ちょっと…
いや、大変悲しいことだ。
いつの日か、「ついに最後の寝台列車が…」などとならないことを、
切に願うばかりである。
[PR]
by whitekuma | 2008-03-19 02:42

人生一?

昨日は我が誕生日。
35歳という、自分的には非常に大きい節目の日。

その、まさに当日に誕生会を開いてもらった。

頑張って幹事をしてくれた人、
忙しい中参加してくれた人、
メール、その他でお祝いをくれた人、

サプライズゲストは呼べなかったけど、
ま、それも楽しい話の種。

ホント、全ての人に感謝です。

ありがとう!


さてさて、下なんゾ向いてる場合じゃないゾ。
確かな目標を胸に、
そら!新たなスタートを!

b0054498_12351145.jpg
↑わたくし希望のカレー鍋
b0054498_1235234.jpg
↑最後はカレー雑炊となりまして
b0054498_12352076.jpg
↑なんとケーキまで登場!
b0054498_12345438.jpg
プレゼント…汚いですが飾ってみました…
[PR]
by whitekuma | 2008-03-13 12:48

3月10日

ウチの親父の誕生日…であり、
ドラマを見るまで忘れてた。

東京大空襲の日。

そして、そのドラマを見ていて、はたと気が付いた。

知覧の記念館、
広島の平和記念館、
などは訪れているのに、
東京大空襲の碑には行っていない…と。

分かりづらいそれは、関東大震災碑と併設らしいが、
何で、俺、行ってなかったんだろう。。。

ウチの爺さんはその日、当時住んでいた阿佐ヶ谷から、
燃え盛る下町方面を見ていたそうな。
その前までは谷中という、まさに下町地域に住んでいた祖父。
もちろん、その前の空襲は経験していた。
「墓地に爆弾が落ちて、墓石が飛んできた…」
などと、話を聞いたことがある。

そして、1945年3月10日。
一晩で、10万人以上の人達が亡くなった夜。

それは、多分小学校の頃に読んだ本。
恐らくは、今日ドラマでやっていた主人公が撮った写真だと思う。
すぐ二階にその単行本はあるのだが、見ずとも思い出す。
生々しいというか、なんというか…

よく言われることだけど、
実際に当時を経験している人達は、だんだん少なくなっている。

それはもちろん、仕方の無いことだとは理解している。

けど、そんな人達が居なくなってしまった後、
僕達は、その後それらの人達が守ろうとしてきたものを、
はたして受け継ぐことができるのだろうか。

b0054498_217425.jpg
[PR]
by whitekuma | 2008-03-11 02:20

春近し

花粉症の方々にはつらい季節でしょうが、いよいよ春間近。

明日は、チト寒いらしいけど、正に三寒四温。

今年はなんだかちょっとだけ、春が待ち遠しいのです。

b0054498_2231982.jpg
「井の頭公園の梅の花」
[PR]
by whitekuma | 2008-03-10 02:23

お見舞い

それは昨日聞いた話だった。

癌で長期療養をしている伯父さんが、
抗がん剤治療のため、再入院しているとのことだった。

なぜか、ふっと思い立って、
外出がてら、お見舞いに行くことにした。

病室へ入ると、伯父さんは寝ていた。
起こそうかどうしようかすごく迷った。
が、もしかして、抗がん剤治療が結構つらくて、
ここは起こさない方がよいかな。

と思い、そのまま辞去してきた。

病院の表に出て、携帯の電源を入れ、
一応、母親に報告する。と、
「せっかく行ったんだから、顔ぐらい見せればいいのに…」
と母。

ん~…
と悩んでいると、おもむろに季節はずれのにわか雨が。
豪雨の中、飛び込んでいく気にもならず、
また、母の言葉がこびりついて、
病院へ取って返す。

再び病室へ。

伯父さんは、やっぱり寝ている。

カーテンを開け、ベットサイドへ。

伯父さんは起きない。

少し肩に手を置くと、重たそうにまぶたを開ける。

一瞬戸惑った後、「おお、どうした」と、伯父さん。
「イヤ、近くまで来たもんで、話聞いてたんで寄りました。」
「そうかそうか、悪いが治療直後で動けないんだが…」
「そうかそうか、イヤ悪いなぁ~」
「イエイエ…」

ほんの5分程話をして、
あまり負担を掛けても悪いとおもい、失礼することに。
「んじゃ、伯父さん、ゆっくり頑張って」
と言って作った微妙なガッツポーズ。
「おお、ありがとう」と伯父さん。

まぁ、それしか言えないよね。
少しでも力になれば、と思うけど、
それしかできないよね。。。

などと思いながら、
不思議な空色と、東京タワーを眺めたのでした。

b0054498_1445374.jpg
[PR]
by whitekuma | 2008-03-08 01:46

落ち着きか、はたまた…

落ち着きなのか。
それとも、
落ち込みなのか。

勢いだけで何かが動くほど容易くないことを、
そろそろ実感し始めたってことか。

それとも、
単なる波の一つか。

いずれにせよ、ここからが本当の勝負。
自分の本当の意思、本当の力が試されるのでは?

目先を変えるも良し。
地道に続けるも、もちろん必要。

とにかく、諦めず、
ただ一歩一歩進めて行こう。


さて、話題は変わって昨晩のこと。
中野で楽しい会食でございました。

お店は、「魚々楽」さん。
友達の旦那さんの…詳しくは失念…

ま、酒は一人で飲んで居たのだが、
なかなか美味しいお店だった。

いつものように、先に箸が延びてから写真を撮り、
が、酔っていたせいか、ブレブレばかり。
唯一がこれ↓

b0054498_23141731.jpg
穴子の山椒煮と、●×サラダの図

肝心要の、半生タイプのスルメの写真が失敗だったのは残念…
だけど、これが超旨かった!
比較的硬めのスルメの内部から染み出る味付きのわた。
超!半生タイプ!

写真が無いのが、本当に残念だ…

ってなことで、とてもご機嫌な夜でございました。
[PR]
by whitekuma | 2008-03-06 23:22

己の+と-と

b0054498_261778.jpg

ギリギリ

まだその気概は残っていたということか

なんだか懐かしい

それは数年前に経験した

あのタイミングに似ている

今日自分から声を掛けられたのは

まだ残っている少ない可能性

おかげで理解もしたし

力も貰った

そうだ

いつでもそうだった

ここ一年程が

妙な躁状態だっただけで

すぐにコンプレックスに苛まれる

「結局俺は…」と

何が邪魔してる?

おかしなプライドか?

そんなもの

屁の役にも立たんだろ

やるのは自分だ

周りを欲するのは良いとして

縋るんじゃない

やるのは自分だ

歯を食いしばって

立ち向かえ

己の弱さに!
[PR]
by whitekuma | 2008-03-04 02:06

スポーツな週末

土曜日は所沢で、Vリーグ女子の試合を観戦。
まぁ試合はちょっと眠かったけど、
なかなか楽しく、不思議な一日であった。

色んなところから、色んな輪が、
ちょっとずつでも広がるのって、やっぱ面白い。

b0054498_045395.jpg

して、今日はと言えば、朝から…
「第11回目白ロードレース」に出場。

けど…なめてました…
完全になめてました…
5kmを…
一応完走を果たしたものの、
「負けないでしょぉ~」
と豪語していた年上の先輩に敗れる、
(一応手元の時計での計測なので…公式記録は後日…)
という、悔しい結果に。

なんと言っても、ま、靴が悪かったとは言え、
心肺機能の前に、足が動かなくなったことへのショック…

本当に足が棒のように…イヤ…棒になった。
動かんのだ…足が…

しかも、帰宅後の昼寝では変な汗かくし…

やはり、何事も準備と練習は必要だな…と再確認。

そんな週末だったのでした。

b0054498_0503129.jpg
[PR]
by whitekuma | 2008-03-03 00:55