【 シロクマ冬眠記!】

shirobear.exblog.jp

写真で綴る徒然日記

<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

八月の声

b0054498_2543684.jpg

今年もまたこの季節が来る。

以前は、八月に入ると戦争もののドラマやドキュメンタリーを多くやっていた気がするが、
すっかりそういう番組も減ってきているのではないだろうか。

八月は広島、長崎の原爆の日があり、そして終戦記念日がある。
国によっては戦勝記念日であり、日本にとっては敗戦の日だ。

今年は本との出会いもあり、またそういうことに思考が行きそうだ。

あまり話しはしてくれなかったが、祖父、祖母が経験してきた先の戦争。
その祖父、祖母が二人とも既にこの世に居ないように、
「クウシュウ」も、「ゲンバク」も、「カミカゼ」も、「ギャクサツ」も、
他人事のように風化してしまうのだろうか。

そしてこの国は、そこから何を得、そして何を無くしてきたのだろうか。
[PR]
by whitekuma | 2009-07-31 03:09

野球だのゴルフだの

土曜日は、新たにユニフォームも揃えて初の練習試合。
正式に新チームに参加したこの日は、
3打数1安打2打点
(センター前2点タイムリーヒット・ピッチャーゴロ・レフトフライ)
守備も二塁手としてミスも無かったので、まま、楽しい試合でした。

b0054498_13504576.jpg

そうそう。藍ちゃんがついに勝ちました。
米ツアー参戦して4年目の初V。
ちなみにこの「エビアン・マスターズ」は、LPGAと欧州ツアー共催大会のため、
@仏なのに「米ツアー初V」となるのです。
やっぱこの人は精神力が強いんだろーなーと。
昨年あたりのどスランプの時はどーなるのか...と思ったけど、
「...4年間は決して遠回りではなかった。自分のやるべきことをやってきたし、あっという間でした」
というコメントが胸を打ちました。
ゴルフは精神力と精神の安定性が重要なスポーツ。
4年目の初Vとはいえ、あの若さでの貫禄は立派なものだと思うし、
見習うったって見習えないかもだけど、見習いたいな、と。

さて。問題はきっとここからだ。
女子はメジャーといっても微妙だけど、果たして何勝してくれるのでしょうか。
楽しみです。
[PR]
by whitekuma | 2009-07-27 14:03

釣りと鰻と男と女


久々のスキン変更です。
夏なので、ちょっと涼しげに…と…。

さて、先週末は、あまりにも怒涛過ぎて、疲れました。

その一部始終を…是非…ダイジェストで…


2009年7月19日 日曜日 AM12:00
山梨県大月市の友人宅

今日は友人宅集合。
山のテッペンの友人宅から天の川を眺めつつ、
自分の車は置いて、友人の車で一路、浜松を目指す。

目的のメインは、名古屋での「ひつまぶし」GET!
そして、今日は気がつけば“土用丑の日”。コレを甘くみていた…
その前に、浜松のクマ親子と早朝釣りをすることに。

久しぶりの“ハイエース”での遠出は、妙にテンションがあがる。

山梨県富士吉田付近のコンビにで運転交代。


AM5:00 静岡県磐田市福田漁港着

b0054498_22532254.jpg

b0054498_22533442.jpg

おかっぱりの釣果は、小さなアジが二匹。
「さびき」とはいえ、久しぶりの釣りは楽しかった。
が、眠気限界。
あっさり浜松を後にする。

そして、その後途中まで運転するも、スグにギブ…。
東名の、どっかのSAで運転交代。
俺は…ZZZ…zzz…

伊勢湾岸道路、刈谷PAにて仮眠約3時間。
その後、いよいよお目当てのひつまぶし。
熱田「蓬莱軒」を目指す!


AM11:00
愛知県名古屋市熱田区
「蓬莱軒」本店

ほぼ狙い通りに、開店30分前のお店に到着。
駐車場には車も数多く入って、噂通り警備員も立っている。
入り口周辺には多少の行列も。
しかし、それどころの騒ぎでは無かった。想像をはるかに超えていた。
警備員に言われるまま、受付を、とお店の人に声を掛けると、
「え~イチジジュップンになります」
「は?」
「今受け付けされますと、PM1:10になりますね」
と。
おいおい。開店30分前に受付しても2時間待ちの大暴挙。
さすが…土用丑の日の有名店。
驚いた。
とはいえ、クソ暑い名古屋の街中で行列してなくて良いのは素敵な対応。
しっかり「PM1:10」でお願いして、眠い目をこすりつつ、時間を潰すことに。

名古屋でノーアイデアの我々の頭に浮かぶ観光地と言えば…

b0054498_2315817.jpg

男二人連れ立っての名古屋城!大天守閣からの眺め。

以後、朦朧としていたので、端折る。
しかも、この後、鰻の味を大きくスポイルすることになるメールを受け取ったし…

まぁ、そんなすったもんだは置いといて、

b0054498_23164853.jpg

鰻好きの俺が言うんだから間違いない。
俺の中では、人生一の“ひつまぶし”であった。
うな重とは違う、このひつまぶし。焦げ目加減といい、タレの濃度といい、大盛りの量といい。
どれを取っても、パーフェクト!
しかも、超混雑だというのに、店員の態度は絶妙。混乱することなく、しつこ過ぎず、適度に気が利く。
コレは眠い目をこすって、名古屋城天守閣を階段で登った甲斐があったというもの(?)
ちなみに、我々がお店へ入る段階(PM1:10)で受付をしていた人は、
「PM5:40にお戻りください」
と告げられておりました。
な…ナントの4時間待ち。鰻め…恐るべし…


ところで、危うく鰻の味をスポイルされるところであったメールへのアンサーブログ。


「今日のラ・ロシュフコー」


恋はその作用の大部分から判断すると、友情よりも憎悪に似ている。


~ラ・ロシュフコー箴言集より


爆発しそうなぐらいの、怒りというか、悲しみというか、虚しさというか、???というか、
を抱えながら、眠気と連休あがりの渋滞のおかげで微妙な雰囲気に陥る前、
この日最後のご褒美は、

b0054498_23261454.jpg

中央道諏訪付近で遭遇した虹なのでした^^;

その後の大月→都心渋滞三時間以上と、おかげでフットサル欠席については、
脳ミソにまとわり付いたモヤモヤのおかげで、記憶から抹消されております。

<了>
[PR]
by whitekuma | 2009-07-22 23:38 | ラ・ロシュフコー箴言集
b0054498_20374186.jpg
b0054498_2038899.jpg
b0054498_20382157.jpg

俺は多分、人の目、目というか、機嫌を気にして生きてきた気がする。
「来たきゃ来なよ。乗り気がしないなら、イイよ。」と。
多分どんな時も割りとそうだ。
相手の機嫌というか、気分というか、テンションを気にする。
それは、元々自分が強引にされることが嫌いだからだと思う。
「人の気持ちも考えないで」と。

そうそう。けど、ある年、恒例の花火大会の時に言われたんだった。
仕事で来れるかどうか、時間が微妙な友達に、
「無理しなくてイイよ」
と言ったら、
「来い!って言ってくれ!^^;」と。
笑ったし面白かったし、そう言わせたのは悪かったし、言ってくれたのは嬉しかったかな。
結局、その友達はスゲー遅れてでも来た。
友人でも、恋人でも、好きな人でも、仕事関係でも、社長でも、親でも。
いや、知らない人でもそうかも。
その思考を停止する唯一の方法は、自分を閉ざすというか、人を拒絶するんだな。

今日だってそうだ。
たかだか明日出掛ける予定だけだが、お互いにテンションを探ってる。
ま、行かなくてもイイし、行ってもイイし、お互い行きたい方法もあるし、
微妙な予定もあるし。
「どっちでもイイよ」ってやつだ。
ある時点で決断して、当初の予定を全てこなすことにして、
そうしようと伝えると、「お!そう来なくっちゃ!」と。
面白い。
もっとも、“決断”って程大したことじゃないけどね。

なので、出てこなかったんです。昨日は。強引な方法、というか言葉が。
結構考えましたがね。
自分が傷つきたくない、ってだけじゃないんです。無論、傷つくのは嫌ですが。
ただ、それで終わってしまうことがもっと嫌なんです。
まだ、何かできるんじゃないか?また違うタイミングがあるんじゃないか?と。
良く言えば粘り強い。悪く言うと…しつこい…。
結局、俺は自分に頑固なんでしょう。
自分のやりたいようにしかできないんですな。
ただ、物事、特に人との関係ってタイミングだと思うので、それを読んだ上で、
「強引」とか、「本気で」とかってキーワードというか、方法は、
とある人の言葉により、自分の中に出来上がったんじゃないかな、と。

その、新たな道具を使う瞬間は、きっと訪れると思ってるし、
そういうことを沢山出してくれる人の繋がりは、やっぱり嬉しいな、と。

b0054498_20383442.jpg
b0054498_20393242.jpg
b0054498_20394490.jpg


b0054498_2231388.gif

[PR]
by whitekuma | 2009-07-18 21:44 | 『curl up cafe』

門出に立つ君に


そこから旅立つことは
とても力がいるよ
波風たてられること
きらう人 ばかりで

でも 君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?
僕をだましてもいいけど
自分はもう だまさないで

サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことが 見えてるなら
その思いを 僕に見せて

自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ
だれも一人ボッチには
なりたくはないから

でも 君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?
僕を忘れても いいけど
自分はもう はなさないで

サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことが 見えてるなら
その思いを 捨てないで

サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことは 見えてるんだろ
その思いよ 消えないで
その思いを 僕に見せて

SUPER BUTTER DOG 『サヨナラCOLOR』

b0054498_15104717.jpg

[PR]
by whitekuma | 2009-07-17 15:13

電子メール

b0054498_1395640.jpg

便利だけど、使い方が難しい。
使い方といっても、打ち方とかではなく、だ。

アレで気持ちを伝えようというのが無理かもしれないけど、
既に日常にあるツールだから使ってしまう。

連絡手段としては、非常に便利。
しかし、コミュニケーションツールとしては最悪だ。

それは、自分が順応していないだけか、はたまたシステムの未熟さか。

いっそ無い方がどれだけ分かりやすいか、などという戯言は、
老犬の遠吠えにも及ばない。

最後の一手が吉と出るか、凶と出るか…と考えていたが、
どうやらその一手は、既にこの手を離れたらしい。
[PR]
by whitekuma | 2009-07-16 02:10

教育...的指導

b0054498_10531260.jpg

自分勝手にやってると学べないことだな、と。

退屈してたのもあるだろうけど...

・姿勢
・関節を鳴らす
・ボールペンをいじる
・言葉使い

ま、総合的に人に向かう態度の問題。

久しぶりに先輩に注意をされた。

この歳で...と思うが、慢心することなかれ。

注意してくれるのはありがたいこと。

ホント、ありがとうございました。
[PR]
by whitekuma | 2009-07-15 10:55

恋ほど…

恋ほど自分自身への愛が強く支配する情念はない。

そして人は常に、自分の心の安らぎを失うくらいなら、

恋する相手の心の安らぎを犠牲にしようときめているのである。


~ラ・ロシュフコー箴言集より

b0054498_228626.jpg

[PR]
by whitekuma | 2009-07-14 02:29 | ラ・ロシュフコー箴言集

たまには普通の日記を

b0054498_3171230.jpg

昨日は親父と久々のゴルフ。
スコアは…書けませんが、ま、親父さんも楽しんでいただけたかと。
今週には入院かな。
絶対直接は言えないが、ゆっくり頑張れ。
直接言ったら、「お前が頑張れ。大体だな!◎×☆△※…!!!」
と、始まることだろう…(T_T)

b0054498_3165570.jpg

で、今日はフットサル中止を受けて、久々友人と「デンジャーステーキ」へ。
友人も、ま、ま、お変わりなくで嬉しい限り。

ま、モヤモヤ事はあれど、穏やかな週末。


[PR]
by whitekuma | 2009-07-13 03:21

『勇気ある者』


b0054498_2211037.jpg

 生きていくことにおいて、正誤などという価値観は意味を持たない。

 善悪ですら、その事象からの立場によっても変わるものだ。

 ただ、生きていくことにおいて、自らがそう決断したことを認め、

 そのように行動したことについて無条件で賛成することが重要である。

 そして、それらにより自らが被るすべての影響、利益も不利益も含めた、

 その全てを受け入れることが、

 生きていくことの真実となり、行動することの本質となるのだ。

 そして、その行動が、いつ、どこでも、誰もが納得できること。

 そのような理想を生き方の中に求める者こそが、勇気ある者だと思う。



[PR]
by whitekuma | 2009-07-11 22:08